【花咲くうつわ、花映える花器】 に登録されている商品

114件の商品が見つかりました



花咲くうつわ、花映える花器


慌ただしい日々の食事の支度。結構大変ですよね。
献立も使う食器も、ついつい、いつも同じようなものになりがちに。
たまには気分を変えて「花咲くうつわ」や「花映える花器」でテーブルを彩ると、心が弾む、心が和む時間を過ごすことができるかもしれません。
今回は、テーブルを明るく彩るお花モチーフのうつわたちや花器たちをご紹介します。

乙女ゴコロがきゅんとする、可憐なうつわ



凛とした可憐な美しさが目を惹くのは、前田麻美さんのうつわ。
お花が咲いた形のうつわには、花びらの凹凸があります。
このため、陰影がもたらす立体感が生まれ、優美なシャープさと奥行きのあるやわらかさが同時に伝わります。
素地に浮かぶレリーフのような優しい花の模様は、イッチンという技法によるもの。
細やかでやわらかな模様はまるでレースのように繊細。
いずれも胸の奥がきゅんとするような美しさと愛らしさですね。
素地が薄く華奢なイメージがありますが、磁器なので大切に扱えば想像以上に丈夫です。
そして、和洋中問わず「おめかし」料理に見せてくれる使い勝手の良さも魅力的です。







レトロ可愛いうつわ



油絵のように丁寧に色を重ねて描かれた花々。
上品な可憐さに心奪われるうつわは、ふくべ窯さんの精Т
土の淡黄色を活かした、やわらかな風合いが特徴です。
漂うレトロ感が、温かな「懐かしさ」を誘いますね。



百花繚乱の豆皿



目にも楽しい花々が賑わうのは、斉藤幸代さんの豆皿。
お花模様の凛とした立体感が特徴です。
素地に押し付けた凹凸の模様に釉薬を流し込むと色の濃淡が生まれ、模様の輪郭がはっきりと浮かび上がるため、立体的に見えるのです。
また、同じ模様でも色違いの釉薬を使うことで雰囲気が変わるので、シリーズで集めるのも楽しそう。
模様も色合いも、異国の骨董品のような風合いが魅力的。
お皿のオリエンタルなイメージで、いつもの常備菜も目先が変わって見えるかも。
少しずつ盛ったお皿をたくさん並べると、ごちそう感満載、テーブルは花満開!



やさしいお花、スタイリッシュなお花のうつわ



白のうつわは、土の成分が生み出す斑点や小さな穴が散らばっていて、一つひとつが個性豊かです。
また、使い込むうちに色などの表情が少しずつ変化していく特徴があり、使い続けるのが楽しくなるのも魅力的。
丸っこいお花のフォルムからやわらかな雰囲気が伝わり、盛り付けたお料理もより一層やさしい味わいとなりそうですね。



茶色のうつわは使い込んだ金属のような風合い。
深みのあるアンティークな印象がかっこいい!
盛り付けとの相性が難しい色のようで、実はカラフルなお野菜も茶系のおかずもかっこよく映えちゃいます。
いつものお料理がよりスタイリッシュに変身!



お花の可憐さがより映える花器



RiRiNさんのプリミティヴな印象の花器。
表面は石のような、土器のような硬質っぽさ。そして、やわらかな輪郭を描くフォルム。
その力強くやさしいイメージが、一輪のお花の愛らしさや可憐さを際立てます。



植木鉢には緑が美しい苔や、観葉植物が似合いそう。
いずれも、テーブルに飾ると、やさしく穏やかな気持ちになりそうです。



いかがでしたか?慌ただしいルーティンの中に、ちょっとした変化を加えると、思いもよらない気分転換になったりするものです。
毎日の食卓にうつわや花器で愛らしいお花たちを添えてみるのも、リフレッシュのための素敵な変化球ですよね。

ブログの記事はこちら⇒花咲くうつわ、花映える花器”

おすすめ順    価格順    新着順

タグ一覧

114商品中 1-20商品

前へ
次へ